市民の声議員

Uncategorized

「コロナ」と介護

「新型コロナ」禍の下、介護の現場はどうなっているのか? ずっと気になりながら、そして個別の情報や相談こそ頂きながら、全体の状況が分からないままにいましたが、少しだけ見えてきました。 介護保険の施設や事業は、介護報酬と利用者負担を主たる収入...
Uncategorized

う~む、これか… ~練馬区の補正予算~

練馬区の補正予算案が区議会に提出されました。補正額は歳入・歳出とも14億1,148万5千円。歳入のうち約10億円は基金 (財政調整基金) からの繰り入れで、他は国や都からの補助金、「特定財源」です。 この14億円ほどの財源を使ってどんな事...
Uncategorized

「待機児童」はどうなっているのか (続き)

保育所等を希望しながら入れなかった人が「665人」。他方で、区が正式に発表した待機児童数は「11人」。この大きな落差の中に、実は子どもの預け先を求める保護者と区との温度や認識の差が幅広く横たわっているかもしれません。 665人と11人の違...
Uncategorized

「待機児童」はどうなっているのか

「コロナ」禍とその対策に目を奪われがちですが、その中でも、大切な政策課題が日々、動いています。今年4月時点での「待機児童」の状況が、区議会の所管委員会で報告されています。二つ、保育所等の待機児童と学童クラブの待機児童です。 まずは保育所等...
Uncategorized

『つながる』第3号

「新型コロナ」の不安に向き合う市民のかわら版『つながる』。第3号ができました。一部の地域にはポスティングで、そのほかメール、郵送で配信しています。 配布の負担が——財政的にも物理的にも——小さくないので、まだメール登録なさっていない方はぜひ...
市民の声議員

「緊急事態宣言」延長の中で ~東京都の新たな“戦略”~

緊急事態宣言が延長されることになりました。これまでの様々な対策の延長を基本としつつ、新しい動きも出て来るでしょう。そう思っていたところに、東京都の方針が明らかになりました。5日に開催された東京都新型コロナウイルス感染症対策本部会議で示された...
Uncategorized

練馬区、PCR検査センター開設へ

練馬区では、新型コロナウイルスPCR検査の体制拡充を図るため、「練馬区新型コロナウイルスPCR検査検体採取センター」を開設します。 車に乗ったまま検体を採取するドライブスルー方式を採用し、当面は、一日30件程度の検体を採取する予定です。 地...
Uncategorized

消えた「発熱外来」 ~「新型コロナ」”リスク対話”(9)~

杉並区が独自の「発熱外来」開設に踏み込んだ。一般医療機関での感染リスクが現実のものとなる中で、「新型コロナ」やその疑いのあるケースを分離し、専門の診療体制を取ろうとする試みだ。練馬区でも、ぜひ検討したい。 杉並区が「発熱外来」を独自に開設す...
市民の声議員

練馬区議会は何をしているのか? ~「緊急事態」下、委員会の休止あいつぐ~

「緊急事態」が出されて1週間。区民生活に大きな混乱と困難が広がる中、練馬区議会は何をしているのか? こんな時こそ最前線で活動するのが議員でしょ。区民の置かれた状況に目を配り、耳を澄ませ、いち早く区政のかじを取ろうとするのが議会でしょ? そ...
Uncategorized

「発熱外来」と「帰国者・接触者外来」 ~「新型コロナ」”リスク対話”(8)~

対話その6 「帰国者・接触者外来」とは何だったのか 「新型コロナ」に感染しているかもしれない。もしそう思ったら、あるいはそう見える人がいたら、どうするか。詳細なフローチャートを国や自治体が取りまとめていますが、ここは、とても分かりやすいので...