雇用・労働

Uncategorized

う~む、これか… ~練馬区の補正予算~

練馬区の補正予算案が区議会に提出されました。補正額は歳入・歳出とも14億1,148万5千円。歳入のうち約10億円は基金 (財政調整基金) からの繰り入れで、他は国や都からの補助金、「特定財源」です。 この14億円ほどの財源を使ってどんな事...
人権・差別

緊急事態宣言と「外出自粛」 ~「新型コロナ」”リスク対話”(番外2)~

7日、政府は「緊急事態宣言」を出しました。 この宣言は、新型インフルエンザ等対策特別措置法の32条で定められているものです。「新型コロナ」ウィルスは、先日の国会での法改正で、この特別措置法の対象である新型インフルエンザ等と同様の取り扱いを...
雇用・労働

働くこと、働く場、働く権利

 年末年始にいろんな方とお話をする機会がありました。その中で改めて感じたこと、それは若い世代の雇用環境の厳しさです。自分の息子がちょうど「就活年齢」、ということは彼の同級生仲間、小さなときに学童クラブや保育園、学校で遊んであげた彼や彼女も「...
雇用・労働

decent work

 「decent work(ディーセント・ワーク)」という言葉があります。日本ではほとんど知られていませんね。しかし、国際社会では、ILO(国際労働機関)のイニシアティブのもとに、経済・社会政策の基本的な目標の一つとして、とても重要な意味を...
雇用・労働

「派遣村」、次の一歩へ

 今日12日で、都が「緊急対策」として提供していた居所が閉じられました。4つの施設に分散していた「派遣村」の皆さんは、午後、日本青年館に集まって「団結集会」を開きました。 「団結集会」には、200人近い村民の皆さんが参加していましたが、集会...
雇用・労働

今日も、練馬「派遣村」から

 練馬に「派遣村」の皆さんが移ってくることを知って、急きょ、かとうぎ議員との連名で呼びかけてをつくりました。そのが、今日から、個々の聞き取り・相談活動を開始しました。社会福祉士の皆さんを中心に、地域や職場でさまざまな相談に乗っている方たち約...
雇用・労働

練馬での「派遣村」 その2

 「派遣村」のその後です。 生活保護の申請が広がり、東京都の説明では、4つの施設に入っている人全体で見て8割以上がすでに申請を終えたということです。当初は、日比谷公園の段階でいっせい申請した人以外は「非生保」と見られていましたが、まったく違...
雇用・労働

練馬での「派遣村」

 昨日今日と、「派遣村」の“村民”が移動してきている区内石神井学園の体育館を訪ねました。引っ越し2日目の昨日は、さすがに現場はまだ混乱という感じでしたが、今日は27人が生活保護を申請するなど、新しい動きがありました。定住先がない場合は現の居...
雇用・労働

「派遣村」から練馬へ

 昨日、日比谷の「年越し派遣村」から、100人を超す方が練馬に移動してきました。石神井学園という児童福祉施設の体育館を一時的に居所として提供するという都の方針を受けたものです。ここに居られるのは1週間だけ。13日には、再び居場所を失いかねな...
雇用・労働

「年越し派遣村」

 「年越し派遣村」の活動が、ずいぶんと取り上げられていました。何に手をつけてよいかわからなかった者のひとりとして、こうした取り組みが自発的に組織され広がったことに深い敬意と共感を覚えます。 しかし、行政は、政治は何をしているのでしょうか。何...