2014 区長選挙 池尻成二の目指すもの (政策集)

変わろう、練馬.変えよう、区政.大切なものを大切に

池尻成二が掲げる政策の柱をご紹介します。
このほか議員活動の中で訴えたことを基本に、 皆さんのご意見を伺いながら政策を豊かにして行きます。

私のテーマ

よどんだ区政をクリーンアップ
「参加、協働」で地域おこし
「生きづらさ」に寄り添う福祉
みどりと水、コミュニティのまちづくり
自治と平和を練馬から

私の政策

きっぱり

保育園・学童クラブの「待機児」解消に全力投入します⇒動画
大泉第二中を分断する135号道路計画を凍結します⇒動画
外環の2(地上部街路)は都市計画の廃止をめざします⇒動画
出張所廃止につながる、郵便局への委託計画を中止します⇒動画
農地や樹林を守るため、「みどりの危機宣言」を出します⇒動画

ていねいに

「委託化・民営化」の10年を検証し、区の役割を見直します
教育環境を点検・改善し、学校に子どもの権利を根付かせます
ハンディを感じさせない理解と配慮を地域の中に広げます
福祉と支え合いで「孤独死」「孤立死」をなくしていきます
幹線道路と大規模開発に偏ったまちづくりを見直します

はたらく

区の仕事のワークシェアで若者の雇用拡大を進めます
若い世代や女性の力を、区政運営に積極的に取り入れます
創意豊かで市民感覚にあふれた公務員を育てます
出張所を自治と協働の拠点に転換し、身近な区政を築きます

いっしょに

地域ごと、テーマごとに区長の対話集会を開きます
多様なメディアを活用し、開かれた区政をつくります
“ねりま若者会議”を設置し、若い世代の声を受け止めます
シニア世代の力を生かした地域づくりを進めます

未来へ

若い世代、子育て世代が希望を見つけられる練馬にします
みどりと水を中心にしたまちづくりを進めます
商店街をコミュニティと生活支援の拠点として再生します
再生可能エネルギーを生かし、原発に頼らないまちをつくります
地下鉄延伸、鉄道高架化、コミュニティバスなど公共交通を充実させます

 

※「きっぱり」解説

◎保育園・学童クラブの「待機児童」解消!保育園や学童クラブの「待機児」が増え続けています。この問題で、区の対応は後手後手に。 子育てを支える区政の象徴として、力を入れて質量ともに充実させます。

◎大泉第二中を分断する135号道路計画を凍結!大泉第二中学とぶつかる都市計画道路135号線。15m×100m×5mの巨大なコンクリート堤防(人工地盤)で校庭を分断する区の計画では、教育環境は守れません。◎ 外環の2(地上部街路)は都市計画の廃止を!

◎外環本線が地下に移った後も、なぜか生き残った地上部街路・外環の2。練馬区だけがこの道路計画に執着してきました。まちと自然を傷だらけにする道路は不要です。

◎ 出張所廃止につながる郵便局への委託計画を中止!
練馬区は11ある出張所を廃止する方針です。7月からは、出張所の仕事の大半を郵便局に委託します。地域の拠点、身近な窓口、出張所は廃止ではなく再生を。

◎ 農地や樹林を守るための「みどりの危機宣言」!
「みどり30」など立派な目標とは裏腹に、開発優先区政のもとで減り続ける練馬のみどり。300㎡以上の樹林は、5年間で60haも減りました。練馬のみどり、まさに「危機」です。